プロフィール

京都サッカー協会の沿革

 はじまりは、1983年11月京都府下を中心にサッカー及びフットサル等のスポーツ経験者の有志が集い、任意団体「京都市サッカー協会」を発足した。現在までの27年にわたり地域において開催される各種大会、競技会等を他の団体と連携し、事業を行ってきた。また近年は、指定管理制度の普及に伴って運動公園、スポーツ広場等、施設管理事業の一環を受託し、現在に至っている。
  任意団体として27年を迎えるに当たり、一層の充実と発展を図るため、特定非営利活動法人「京都市サッカー協会」として2011年5月19日設立申請し、2011年8月24日認可された。

目的

 地域におけるサッカー等の普及、発展を図ると共に他の団体の事業に協力することにより、市民の心身の健全な発展に寄与することを目的し、目的を達成するために次の活動を実施する。

1.	サッカー及びフットサル競技の普及および強化育成事業2.	サッカー及びフットサル指導者・審判育成事業3.	サッカー及びフットサル競技会の開催、広報等の事業4.	こどもの健全育成を図る事業5.	社会教育の推進を図る事業6.	学術、文化、芸術またはスポーツ振興を図る事業7.	国際協力活動8.	各号に揚げる活動を行う団体の運営または活動に関する連絡、助言または援助活動。

Page Top